不妊の定義・考え方 -不妊治療@完全ガイド-



不妊の定義・考え方


  一昔前、医療機関や一般的な認識として、健康なカップルが避妊
  を行わずに2年間通常の夫婦生活を送り、それでも妊娠に至らない
  場合を不妊と判断するのが一般的でした。

  しかし最近では、結婚年齢の高さや子どもの切望度合い、セック
  スレス等様々な要素も考慮し、一概に2年間とは区切らない考え方
  が主流になってきています。実際、自分は不妊ではと悩む人が、
  “避妊をしないのに妊娠しない期間”をどの程度過ごしたのちに
  医療機関を訪れているかをみると、個人個人の事情により実に
  様々です。結婚したらすぐにでも子供が欲しかったという人は、
  2,3か月子作りに挑んでも妊娠しないと、即不妊治療を決心する
  ケースも多いようです。逆に仕事や生活スタイルにより、子ども
  は積極的には求めていなかったが、結婚数年以上経過しある時期
  になって、年齢も考えるとのんびりしていられない、と不妊外来
  を訪れるケースもあります。

  また、初回から一度も妊娠できない場合と、一度は問題なく妊娠
  ・出産に至れたのに、それ以降に妊娠できなくなる場合があります。
  後者は俗に二人目不妊等と言われ、一度は妊娠できたのだから、
  もう1人いるのだから、等と軽く扱われがちですが、それゆえに
  また深刻な問題になっています。実際、医療機関を訪れる患者にも、
  初めての妊娠を切望するケースや、家族計画的に○人欲しいのでと、
  二人目・三人目不妊を主訴に受診するケースもあるようです。

  家族のあり方、家族像が多様化する現代において、様々な状況下で
  不妊に悩む人は今後ますます増えていくのではないでしょうか。


当サイト人気コンテンツ


   ★ 検査・診断編
   ★ 治療・対策A
   ★ 不妊治療の精神的負担
   ★ 不妊を越えて