検査・診断編 -不妊治療@完全ガイド-



検査・診断編


  不妊専門の診療科を受診すると、最初に様々な検査を受けること
  になり、その結果を医師が総合的に判断して、不妊のタイプや
  原因の推定を行い、それをふまえた治療が開始されることになり
  ます。このとき、必ず不可欠になる内容が、基礎体温の記録とそ
  の分析です。目盛の細かい婦人体温計を使って、毎朝起床直後の
  体温を測り、記録してグラフに表します。月経をはさんで大きく
  二層に分かれる体温の記録を見ると、ホルモンの機能や排卵の有
  無、また妊娠継続のための要素などいろいろなことが分かるのです。

  不妊や、それ以外でも婦人科を受診する際は、あらかじめ1カ月分
  以上の基礎体温を記録して持参するとよいでしょう。そして、基礎
  体温による各種の分析をベースに、様々な検査が行われます。

  不妊の原因は、女性にだけあるとは限らず、男性側に要素がある場
  合もあります。そのため、検査は女性と男性にそれぞれ行われます。
  女性の場合は、内診や超音波診断による生殖器の異常の有無、
  また採血や採尿による各種成分の検査、さらには卵管の詰まりを調
  べる造影検査など実に様々な検査が行われます。検査のための通院
  回数も多く、長時間かかるものや肉体的に痛みや不快感を伴うもの
  も多いので、女性にとってはかなり負担が重いのが実情です。

  男性側の検査では、生殖器の診察や採血、採尿による各種成分の検
  査のほか、精液を採取して様々な角度から分析を行います。たいて
  いの場合、カップル双方に対する一連の検査の結果、不妊の原因と
  推定される要素が特定され、それを踏まえた治療方針が立てられる
  ことになります。しかし、往々にして検査結果がすべて正常で疑わ
  しい要素がなく、原因が特定できない場合もあります。この場合も、
  最も一般的な手法からいろいろな対策を検討することになります。
  いずれにしても、医師と納得がいくまで十分に話し合うことが大切
  です。


当サイト人気コンテンツ


   ★ 検査・診断編
   ★ 治療・対策A
   ★ 不妊治療の精神的負担
   ★ 不妊を越えて