原因編 -不妊治療@完全ガイド-



原因編


  不妊の原因が女性側にある場合と、男性側にあるケースは、確率的
  にはほぼ半々と言われています。また、カップルの両方に問題があ
  る場合もあり、原因と推定される要素がひとつだけとも限りません。

  女性側の原因とされる要素は、おもに生殖器の奇形や異常、月経や
  排卵の異常、黄体期の異常等、女性の身体に特有の内容が多いよう
  です。また、それ以外にも糖尿病や甲状腺・ホルモン系の病気があ
  ったり、クラミジア等の性病があったりすると、妊娠を妨げる様々
  な要素を生じさせる場合があります。それらの明らかな異常が認め
  られない場合でも、現代社会においては、女性の大敵と言われる冷
  えやストレス、食生活の乱れ等不妊の原因となり得る要素が多く、
  結局何かしらの要因を推定することになるようです。

  一方、男性側の原因とされるものには、女性と同じように糖尿病や
  ホルモン系の病気、また生殖器の何らかの異常等も挙げられますが、
  多くの場合、なんらかの影響により精子の機能が損なわれている状
  態が中心であるそうです。先天的、または幼少時の病気等により精
  子が減少・無精子に陥っていたり、また後天的な原因でも精子の機
  能が影響を受ける場合が多いのです。特に、風邪やその他の感染症
  にかかっているときや、過度の疲労や喫煙、ストレスや緊張等によ
  り、精液や精子が減少することは珍しくないのですが、それが一時
  的でなく継続的に発生している場合には、不妊の原因として強く疑
  われることになります。

  いずれにしても、不妊の原因や対策を検証するには、カップル双方
  での精密な検査が必要です。


当サイト人気コンテンツ


   ★ 検査・診断編
   ★ 治療・対策A
   ★ 不妊治療の精神的負担
   ★ 不妊を越えて