治療・対策@ -不妊治療@完全ガイド-



治療・対策@


  不妊診療科を受診すると、各種の検査や診察を行ったのち、原因の
  推定と治療法についての方針が立てられます。不妊治療には、大ま
  かに3段階のステップがあり、大抵の場合この流れにそって治療を
  進めていくことが多いようです。まず、最も一般的なタイミング法
  から指導される場合がほとんどで、基礎体温の記録を参照しながら
  エコー検査等を併用して、卵胞の成熟度や排卵のタイミングをはか
  りそれに合わせて性交を持つようにします。

  無月経や無排卵など、排卵がスムーズでない場合は、薬や注射によ
  る排卵誘発を行い、また要因によっては排卵・受精と妊娠継続を体
  の内側から補助するために、ホルモン剤や漢方薬などの薬物療法を
  併用することもあります。

  このタイミング法を半年から1年程度続けても効果が見られない場合
  や、タイミング法では解決できない要因がある場合は、人工授精を
  検討します。人工授精は、男性から採取した精子を人為的に子宮の
  内部へ注入し、自然な受精・着床を促します。万一、何らかの要因
  により配偶者の男性から精子が採取できない場合は、非配偶者の精
  子を用いることも検討されます。

  人工授精も、半年から1年程繰り返し試みて、それでも妊娠に至ら
  ない場合は、次の段階の治療法へ移行していくことになりますが、
  タイミング法と人工授精までの段階は一般不妊治療と称され、
  この後のさらに高度な医療技術を用いた治療法は、高度生殖医療
  と呼ばれています。難易度や技術、費用的な面でも、これらの間
  には一つの区切りがあると言えます。


当サイト人気コンテンツ


   ★ 検査・診断編
   ★ 治療・対策A
   ★ 不妊治療の精神的負担
   ★ 不妊を越えて