治療・対策A -不妊治療@完全ガイド-



治療・対策A


  一般不妊治療と呼ばれる、タイミング法や人工授精を経ても
  なお成果が見られない場合や、一般不妊治療では妊娠に至れ
  ない要因がある場合には、次のステップである高度生殖医療
  を検討することになります。

  卵子と精子を体外で受精させ、受精卵を培養してから子宮内
  に戻す体外受精、顕微鏡で卵子の中へ精子を注入し、同じく
  培養して子宮内に戻す顕微授精などが、高度生殖医療におい
  ては最初の手法です。その他、卵子と精子を混合して受精前、
  または直後に卵管に戻す手法もあり、これは腹腔鏡を使用し
  ての手術になるため、入院が必要になります。男性に無精子
  症のある場合でも、精巣から直接精子を取り出して使用する
  ことが可能であるほか、妊娠の確率や流産の確率が体外受精
  よりも若干改善されるそうです。

  これらの体外受精や顕微授精等、高度生殖医療によって妊娠
  に成功し生まれてくる赤ちゃんは、現在年間に約1万人、およ
  そ100人に1人の割合と言われています。しかし、この段階に
  至るまで不妊治療を継続するには、長い年月と高額な費用、
  そして検査や治療による肉体的・精神的疲弊を伴います。

  不妊治療を続けるカップルは、これらの負担にどの程度まで
  耐えられるかを常に葛藤していて、ある程度の段階で治療を
  休止したり打ち切るという選択をすることもあるようです。

  いずれにしても、夫婦間で納得いくまで話し合い、また主治
  医と十分に相談を行った上で、治療法の取捨選択を行ってい
  くべきでしょう。


当サイト人気コンテンツ


   ★ 検査・診断編
   ★ 治療・対策A
   ★ 不妊治療の精神的負担
   ★ 不妊を越えて