治療の費用 -不妊治療@完全ガイド-



治療の費用


  不妊治療には、その段階にもよりますが多くの場合高額の費用が
  必要になります。多くの検査や治療が保険適用にならないのもそ
  の理由のひとつです。

  タイミング法は保険が適用されるので、費用は一般的な診察治療
  と変わりませんが、人工授精では約3万円、体外受精では約30
  万円、顕微授精に至っては約50万円と高額な費用負担が必要に
  なります。また、それらの治療が1回で成功すればまだしも、失
  敗してしまって複数回試みることになると、それに応じて費用も
  さらに増えることになります。

  不妊治療に関する費用負担の重さは、不妊に悩む夫婦の長年の悩
  みでしたが、2004年よりようやく政府の助成制度が始まりました。
  費用が特に高額になる体外受精や顕微授精が対象で、年間10万
  円を2年間補助するという制度でした。ただし実施は各自治体に
  より差があったり、検査やほかの治療法が対象外だったりして、
  当初は満足のいくものとは言い難い状況でした。

  その後、各自治体において独自の助成制度が設けられたり、政府
  の助成制度も年数や制限が緩和されたりして、最近では不妊治療
  に対する補助制度はずいぶん進歩したようです。詳しい情報は、
  国や自治体の窓口やホームページ等で調べてみるとよいでしょう。

  また、治療の流れやステップには個人差があり、不妊治療に結果
  的にどの程度の費用がかかるかは一概には言えませんが、治療の
  体験談を掲載しているサイトや患者同士で相談し合う掲示板等を
  参考にするのもひとつの目安になるでしょう。


当サイト人気コンテンツ


   ★ 検査・診断編
   ★ 治療・対策A
   ★ 不妊治療の精神的負担
   ★ 不妊を越えて